高級ソファーと普通のソファーの違い

高級ソファーと普通のソファーとは何が違うのか、一見わかりにくいものですが、実際に使っていくと両者の違いは明確になっていきます。特に目立った違いは、素材と構造との2つにあります。素材の違いは見た目で判断しやすく、ソファーの違いを理解しやすいポイントです。高級になると本革が用いられたり、皮の継ぎ目が少なかったりと、良い素材を用いています。また、どの部分にまで革が張られているのかも重要になります。構造はソファーの座り心地だけでなく、耐久性にも影響するポイントです。単純に長持ちするだけでなく、座り心地の良さが長く続くかも、ソファーのグレードを左右します。高級であるほどしっかりした作りであり、座った時の快適性が高く、長い間座っていても疲れにくい等の特徴を持っています。

ソファーは素材の違いで何が変わるのか

高級ソファーと普通のソファーとの違いとして、素材の違いは見た目だけに表れるものではありません。例えば、上質な本革を用いたソファーは表面がしっとりしていて、触り心地が良く柔らかいものです。普通のソファーは革の柔軟性が低く、高級品のような触り心地の良さはありません。合皮が使われている場合も多く、本革とは性質が違っています。本革のソファーと合皮のソファーとの違いは様々にありますが、特に夏場は通気性の有無が快適性を左右します。本革は蒸れにくくベトベトしないので、快適に座れるソファーです。合皮の場合は通気性のない素材が使われている事もあるので、注意が必要になります。合皮の場合、塩化ビニル製は蒸れやすく、ポリウレタン製は蒸れにくい特徴があり、ポリウレタンの方が本革に近くなっています。

ソファーの構造は何に影響を与えるのか

ソファーの構造は見えない部分ですが、高級ソファーと普通のソファーとの違いが特に大きな部分です。例えば、構造がしっかりしているソファーは詰め物の量が適切で、座り心地が良いだけではなく、形が崩れにくい特徴を持っています。普通のソファーは詰め物の量が少ない場合もあり、使い始めの頃は中々座り心地が良いと思っていても、すぐに詰め物が潰れて座り心地が悪くなる傾向があります。また、スプリングに使われる構造も違いの大きな部分です。高級で座り心地の良いソファーはポケットコイルスプリングと呼ばれる、コイル状のスプリングが個別に袋に詰められたものが使われています。ポケットコイルスプリングは座り心地が良く耐久性が高いだけでなく、座ったり立ったりした時の振動が隣の人に伝わりにくく、座っている人達全員が快適に過ごせるのがポイントです。

ただ「座る」のではなく、お部屋の雰囲気を作り上げるデザイン性の高いソファを販売しております。 機能美を備えた上に成り立つ個性的なデザインのインテリアをご用意。究極の家具をご覧ください。 全国配送可能な上に配送スタッフが設置まで行いますので、気に入った商品がありましたら安心してご購入ください。 高級ソファーの種類が豊富!